田中マルクス闘莉王

【大噴火】闘莉王が森保ジャパンに新年早々ぶち切れる!「活躍してねえし、ベンチにも入ってねー!」クラブで出番のない欧州組の選出問題に積年の怒り爆発

#闘莉王 #サッカー #日本代表
あけましておめでとうございます! めでたいはずの年明けですが、闘莉王はご機嫌斜め……いや、2020年の日本代表の活動を振り返る企画で、とんでもないブチ切れモードです!

新型コロナウイルスの感染拡大で国外が舞台となり、オール海外組のメンバー選考となった森保ジャパンについては「正しい判断」と評価した闘将ですが、コロナ禍以前のメンバー選考には苦言連発。

「コロナがなかった頃からも、海外組ばかり呼んで、大した活躍してねーくせに!」と大爆発。クラブで出場機会のない選手も招集される歴代の日本代表のメンバー選出に積年の怒りを爆発させます。

出場機会もない海外組を招集する傾向が、Jリーグに及ぼす影響も指摘。有望選手が海外移籍する際に独自ルールを設けるべきと提言しています。

キャリアを捧げたJリーグ、そして、日本サッカー界への溢れる愛情ゆえの苦言のオンパレード。抜群のテンポでブチ切れまくる闘莉王節をぜひお楽しみください!

聞き手・小杉舞(Football ZONE web編集部)

Instagram
https://www.instagram.com/tuliotv04/

田中マルクス闘莉王 Tanaka Marcus Tulio

1981年4月24日、ブラジル・サンパウロ州生まれ。1998年に渋谷教育学園幕張高にサッカー留学するために来日。2001年にJ1サンフレッチェ広島でJリーグデビュー。浦和レッズ、名古屋グランパスでチーム初のリーグ優勝に貢献し、06年にはJリーグMVPに輝く。03年に日本国籍を取得し、04年アテネ五輪に出場。サッカー日本代表としては、10年W杯南アフリカ大会で日本の16強進出に貢献。2019年シーズンを最後に現役引退。Jリーグ通算529試合104得点。DF登録選手の100得点はリーグ史上初。代表通算43試合8得点。

関連記事